その他

連載

CFネッツ流、大家実践塾、30、投資用不動産にも地震保険、ローン残債のリスクを転嫁、火災保険とセットで加入を

 昨年の大震災以来、地震保険への問い合わせが増えている。  東京大学研究チームの試算によると、今後4年以内に震度7以上の首都圏直下型地震が起きる確率は90%以上だという。かなり切迫した数字だ。自らの生活の基盤である「住まい」や収益物件を守るための損害保険、特に「地震保険」について気をつけなければいけないポイントはどこにあるだろう。  まず、地震を起因とする火災は火災保険では補償されないことを知って ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2012年7月2日