行政

その他

消費税増税法案が衆院通過

 消費税増税などを含む税と社会保障の一体改革関連法案が6月26日、衆院で賛成多数で可決され、参院に送られた。同法案は2014年4月に5%から8%に、15年10月に10%に引き上げることなどを柱としている。  取引価格が高額になる住宅の消費税については、消費税の引き上げによる駆け込み需要とその反動が大きいことを踏まえ、「住宅の取得にかかわる必要な措置について財源も含め総合的に検討する」と明記した。 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2012年7月2日