行政

その他

まちづくり「規制と誘導」、都市計画制度で国交省

 都市計画制度について話し合う国土交通省社会資本整備審議会の小委員会(浅見泰司委員長)は6月28日、都市計画制度の今後の展開などを話し合った。次回の会合を経て、中間報告をまとめる。  都市計画の基本的な考え方では、人口減少など社会構造変化を踏まえ、土地利用制度の的確な運用が必要だとした「地域主権改革・規制改革の趣旨を踏まえ、土地利用制限などの規制を検討すべき」とした。その実現に向けて、事業手法、支 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2012年7月2日