賃貸管理

その他

増加する『長屋』に規制の動き、活用策限られる旗竿地、低層住宅地で近隣トラブルも、世田谷区は条例で建築制限

 各住戸が横に連なるテラスハウス形式だけでなく、縦にも住戸を積み重ね1階に並ぶ玄関とを各住戸内の専用階段で結ぶ重層長屋形式が一般化し、旗竿地活用の幅が広がった。  テラスハウス形式ではファミリー向けが中心だったが、重層長屋とすることで単身者向けやカップル向けの比較的小規模な住戸もつくりやすくなった。賃貸だけでなく、分譲の重層長屋も登場している。  重層長屋が一般化したことで、近隣とのトラブルも増加 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2012年7月2日