不動産証券化

その他

Jリート、活発化する資本調達、相次ぐ増資、物件取得も活発化、FRI200億調達へ、商業施設を取得

 不動産の買い手としてJリートの存在感が再び高まってきた。リーマンショックで低迷していた公募増資は、昨年から活発となり公募増資額は前年に比べ80%増の14件計2342億円となった。2012年は1~3月末までに4件の公募増資があり、その調達額は1000億円近い。  アドバンス・レジデンス投資法人は増資により調達した資金などによって15物件を計235億円取得。賃貸可能戸数は1万5000戸を超え住宅系リ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2012年7月2日