行政, 不動産証券化

その他

住金機構見直しで報告書、フラット「保証型」を拡大、民間MBS支援へ移行

 有識者会議は2月から機構の改革案の検討を進めてきた。報告書は行政刷新会議に近く報告し、機構や国土交通省に対して実現可能なものから対応を求めていく。  証券化支援事業は、民間にできることは民間に任せる「民業補完」の視点から、今のフラット35の主流となっている買取型を縮小し、利用が進んでいない保証型を活用することで民間によるMBS発行額を増やす。  機構によると、2011年度の買取型の利用実績約11 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2012年7月2日