賃貸管理

連載

短期賃貸借制度廃止の影響とは(3)/業者の義務は重くならず

 本来抵当権が設定された後に締結された建物賃貸借契約は、抵当権に後れるものとして全て対抗できないのが原則であったところ、特に建物借家人の保護を図るとして短期賃貸借の保護が定められた。\n しかし、初期の目的に反し、執行妨害の温床となり暴力団などの最大の資金源のひとつとなっていることから、今回改正をされ、抵当権に後れる賃貸借契約は全て建物買受人に対抗できないこととなり、ただし、一律に6カ月間の明渡し ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2003年10月23日