不動産証券化

その他

住友生命/米国でREIT設立/私募債型640億円規模で

 住友生命が米国で私募型のREITを設立した。国内金融機関が米国でREITを設立するのは初のケース。同社の米100%子会社・住友ライフリアリティ(SLR)と米不動産大手のハインズ社(非上場)との共同設立で、当初資産規模は約5億8000万ドル(約640億円)。欧米の年金基金も参加しているという。いずれもSLRが保有しているニューヨーク、ワシントンの高層オフィスビルなど3棟で運用を開始した。数年後には ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2003年10月23日