不動産証券化

連載

Why not?(162)/固定資産税評価額/実勢価格上回るのは違法/最高裁が画期的判断示す

 住宅や土地を所有している場合、所有者に対しては、固定資産税および都市計画税の賦課があります。また、不動産の取得時には登録免許税、不動産取得税が課せられ、さらには、不動産の取得原因に応じて贈与税や相続税の賦課があり、これらの税についても、固定資産税評価額が基準となります。固定資産税評価額は、2月末までに市区村長により決定され、市区村長の固定資産課税台帳に登録されます。\n 以前、本稿の記事の中で、 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2003年10月23日