分譲

特集

【資産運用特集(ワンルーム)】高入居率を確保/大手4社の取り組みを見る

 これまでも資産活用の手法としての都市型ワンルームマンション経営は注目されていたが、昨年、ペイオフが解禁されて以降、ますます注目されている。大手都銀の定期預金や大手生保の利回りが低い数字を示しているのに比べ、賃料収入による利回りは高水準で、株や他の金融商品に比べても投資効率は良い。\n とくに、都市部を舞台に若年層をターゲットにしたワンルームマンションは高値安定を示しており、地価が底値と考えられる ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2003年10月23日