賃貸管理

連載

Why not?(161)/賃貸借契約と競売/サブリースの転借人保護/契約期間満了まで居住可

 ある不動産会社Aが、マンションのオーナーBより、マンション1棟(以下、「本件物件」といいます)につき、家賃保証を保証する借り上げを前提に、サブリース原賃貸借契約(以下、「原賃貸借契約」といいます)を締結していました。本件物件には、原賃貸借契約の締結以前より抵当権が設定されておりました。また、原賃貸借契約の期間は、平成13年2月1日から平成15年1月31日までの2年間とされていました。そして、当該 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2003年10月16日