統計・データ

その他

MRD賃貸調査/供給過剰感強まる/家賃の低下も継続

 ミサワエムアールディーがまとめた「秋の転勤シーズンにおける賃貸市場速報」によると、大都市圏の賃貸住宅市場は供給過剰感が強まっていることが分かった。このため、家賃動向は下降傾向が強まっており、単身者用でも“若干下降”が過半数を占めた。\n 首都圏の賃貸市場の需給状況は、03年2月時の調査と比べて、ファミリー用では「供給過多」が4・1ポイント減少し63・9%に、「需給均衡」も同3・6ポイント増え19 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2003年10月16日