不動産流通・売買・仲介

連載

競売物件 東京地裁 開札トピックス(470)/青山の億ション15本 麻布十番の建物35本/都心地価の反転上昇

 先日、本年7月1日の基準地価につき発表があったが、12年連続の下落という全体結果の中で、一部都心地価の反転上昇も伝えていた。9月24日開札でも、これを裏付けるかのような落札結果があった。それはマンションで都心の億ションに入札15本が集まり、一方、土地付建物でも高額な港区の物件に35本の大量入札があったことである。\n マンションの詳細は銀座線「青山一丁目」駅徒歩4分に立地する築4年、専有面積約4 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2003年10月16日