不動産証券化

連載

コツコツ勝つことば あすへの応援歌(208)/成長の種子/本気になってプロとして恥じることない誠実な人間になろう

 秋に播くと、春には必ず開花するという小粒な種子を知人から頂いた。しばらくは、水栽培の要領で発芽するまで待たなければならないのだが、これが実に待ち遠しい。毎朝、これを眺めていると少しずつではあるが、その変化が手に取るようにわかる。1ミリの小さな動きでも確実に成長している姿を目にすれば、更に愛着が湧いてくる。このように成長する種子もあれば、途中で成長がとざされ朽ちていくものもある。発芽を見届け、青々 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2003年10月16日