行政

その他

「第二次小泉内閣」のデフレ対策/原田 義昭・文部科学副大臣(自民党前PFI対策事務局長)に聞く/個人金融資産1400兆円を動かせ!/「PFI」こそ経済再生の切り札

 景気に明るい兆しが見えてきた一方で、基準地価が12年連続で下落するなど、依然、デフレ・スパイラルに出口は見えない。総選挙を目前に発足した第二次小泉内閣のデフレ対策の“起爆剤”は何か。自民党前デフレ特命委員・PFI対策事務局長の原田義昭・文部科学副大臣に聞いた。(聞き手・大沼雄次記者)\n\n―基準地価が12年連続で下落しました。景気をどうみていますか。\n 「主要な指標を見る限り、明るい兆しが出 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2003年10月16日