不動産証券化

特集

【住宅・土地政策拡充キャンペーン(2)】デフレ克服へ恒久減税を/市場の活性化には必須

 資産デフレの深刻化が止まらず、不動産市場も苦境を強いられている。成約件数は高い水準をキープしているものの、デフレの影響から、全体の取扱高は下降の一途だ。特に、バブル期の物件は流通市場が停滞している。理由は資産デフレによる売り控えだ。この状況を打破するためにも、買い替え時の譲渡損失繰越控除制度の延長・拡充が求められる。また、住宅に係る消費税、新たな恒久減税としての「住宅ローン利子控除制度」創設など ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2003年10月9日