不動産証券化

連載

天壌無窮(94)/『美しき刻は流れて』/哀切な大人の恋の物語

 「向こうに住んで、外国カブレしたり、妙にシニカルになったりする人もいっぱい知ってるけど、君は冷静にしっかり受け止めて、しかも感性豊かにそれを自分のものにしているように思えます。ご主人の仕事の栄達とかは関係なしに、自分の経験として…しっかり観察して…。」\n 近刊小説『美しき刻は流れて』(文芸社刊)の一節である。作者は由井千映子さん。物語はロンドン駐在員夫妻一家の生活、ある男性との邂逅、帰国後の偶 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2003年10月9日