不動産証券化

連載

短期賃貸借制度廃止の影響とは(1)/善良な借家人締め出しは誤解

【はじめに】今年7月短期賃貸借保護制度の廃止を含む民法改正が行われた。同制度の廃止は、実際に施行される前の段階でさまざまな弊害が噂されている。実際は、どうなのだろうか。業界に造詣の深い識者、福井秀夫・政策研究大学院大学教授、久米良昭・那須大学教授、吉田修平・弁護士の3氏から緊急に、同法改正に関して寄稿戴いた。4回にわたって掲載する。\n 執行妨害の温床でもあり、暴力団の最大の資金源の一つでもあった ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2003年10月9日