地域業者

連載

駅前不動産屋奮闘記/時は命なり

 日常のルーティンワークにかまけて、いつの間にか惰性に流され、自分が本当にしたいことをし忘れて生活しがちです。読みたい本をいっぱい買っておいて、定年後にじっくり読もうなんてことを考えていても、たぶん永遠に読めないはずです。\n 「時は金なり」といいますが、実は「時は命なり」です。朝起きた時に、神様から与えられた24枚の金貨を、有効に使うことなく、どぶに捨てるようなことを続けていたのでは、何のために ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2003年10月9日