団体

経営動向指数 大幅に改善へ/全宅連調査

 (社)全国宅地建物取引業協会連合会(藤田和夫会長)が四半期ごとに行っている中小不動産業経営動向調査によると、15年9月1日時点での経営動向指数はマイナス18・5、前期(6月1日時点)よりも6・9ポイント改善している。3カ月後の見通しに関しては、マイナス14・4ポイント(前回調査時13・5ポイント上昇)。\n 「現況」「将来の見通し」ともに大幅に改善している。改善の要因としては、低価格帯の物件に動 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2003年10月9日