ハウス・住設

特集

【住宅月間 住まいの情報特集】住み継がれる家づくりを 分譲住宅/ユニバーサルデザイン配慮は不可欠/公共施設やビルなどでも導入活発

●1階の床の高さが問題\n 一戸建ての木造住宅で、ユニバーサルデザイン(以下UD)を取り入れた設計をするのは割合と容易です。2階・3階建てでも最近は住宅用のエレベーターが安価で設置できるようになりました。また浴室や台所はUD向けのユニットバスや流し台が商品として売り出されてきていますので、この点も大丈夫です。廊下やトイレも広くし、手摺等を設置すれば車椅子使用の方も自力で用が足せます。\n ただ1つ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2003年10月9日