ハウス・住設

特集

【住宅月間 住まいの情報特集】住み継がれる家づくりを 定期借家/定期借家権の見直し本格化/普通契約から切り替え等

中途解約権の廃止も/使い勝手を第一に/普及・促進へ制度改正\n 戦後50余年の間、弱者保護の名目で守られてきた借主に有利な正当事由制度により、賃貸住宅等の貸主は「一端貸したらなかなか返して貰えない」という苦難に喘いできたが、ようやく平成12年3月に自民党の保岡興治衆議院議員(自民党政務調査会定期借家権等特別委員会委員長)や福井秀夫教授(当時は法政大学教授)らの定期借家制度推進派と住宅・不動産業界団 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2003年10月9日