賃貸管理

その他

ハウスメイトパートナーズ/管理戸数1万戸へ/社宅代行事業を拡大

 ハウスメイトパートナーズ(井関清社長)は、法人事業拡大の一環として社宅代行業務に取り組み、04年5月までに管理戸数を1万戸へ拡大する計画だ。現在の実働管理戸数は約6000戸。すでに取引のある1200社との連携を深めることで、管理戸数の拡大につなげる。\n1カ月で5社と新規契約\n 同社は今年6月、法人事業本部に法人関連事業をまとめた組織再編を実施し、法人事業の拡充と取り組んでいる。この一環として ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2003年10月9日