不動産流通・売買・仲介

1面トップ

大手流通がサービス多様化、付加価値で囲い込み、アフターケア、住宅診断、設備保証、「売って終わり」脱却

 大手流通各社が仲介の付加価値サービスに力を入れている。購入後のアフターフォローで取り引きの安心感を高めたり、売り主に代わってホーム・インスペクションや瑕疵保険の費用を負担する取り組みが広がってきた。手間とコストがかかるこれらの付加価値サービスを各社が採用し始めたのは、顧客満足度を高め、長期にわたって顧客を囲い込むことで激しさを増すシェア争いを抜け出すのが狙い。知名度を武器に集客を図ってきた大手で ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2012年2月6日