分譲, 不動産流通・売買・仲介, 住宅金融機構・都市機構

その他

「住宅ローン新時代」の課題/グッドローン・伊藤 雅仁社長に聞く/公庫証券化支援業務が開始/「商品多様化」への対応力が鍵握る

 10月1日から住宅金融公庫が証券化支援業務を本格スタート、住宅ローン商品が今後、格段と多様化することが見込まれる。とくに長期金利が上昇気配をうかがわせていることから、長期固定型の証券化ローンが今後の住宅ローンの主流になると期待されている。一方で非銀行系のほとんどが今回の第一次公庫証券化支援業務への参加を見送るなど問題点も浮かび上がった。「住宅ローン新時代」をビジネスチャンスとするためのポイントは ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2003年10月9日