その他

連載

コラム、不動産クリエイティブ道、スピーク、東京R不動産林厚見、9、得意技で攻める、目指せ「インサイダー」

 不動産のカギは「ギャップ」にあります。ある人が見れば価値がないのに、見方によっては価値がある。自分にとっては心配ないことでも、他の人には大きなリスクに見える。これが価値のギャップです。  自分の家を借りる時や買う時にも、「古くても気にならず、駅から遠くでもOK」という人にとっては、古い物件を選べばコストに対する満足度は高くなります。人と自分のニーズの差こそ自分にとっての「穴場」になるわけです。 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2012年1月30日