賃貸管理

1面トップ

拡大するリロケーション/社宅代行が定着化/独自システムがカギ握る

 社宅・寮管理のアウトソーシングが止まらない。一般企業の経費削減との取り組みが恒常化したなかで、社員の住宅関連費用の効率化が進んでいる。一方、社宅管理代行会社の受託競争は熾烈化した。価格競争に陥りつつある。その動きに対応し、社宅代行会社はさまざまな仕組みの開発や既存のシステムのバージョンアップと取り組んでいる。独自性を発揮し、価格競争を回避しようという考えだ。社宅代行事業の現状を追ってみた。\n\ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2003年10月9日