行政

その他

ソーラー利用、8年で8倍に、住宅金融機構が調査

 住宅金融支援機構がまとめた新規住宅取得者の耐久消費財購入実態調査によると、太陽熱温水器・太陽光発電システムを導入した世帯は10.5%となり、8年前の前回調査の8倍に増えたことがわかった。  新築の戸建て購入者に限れば17.5%と、6世帯に1世帯が太陽光発電システムを導入している。建売住宅は6.6%、新築分譲マンションでも2%は太陽光発電システムを導入している。  民間住宅ローンを利用して住宅取得 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2012年1月30日