行政

その他

地震に強いマンション認定、東京都非常電源確保を要件に

 東京都は大規模な地震が発生した際でも住み続けることができるマンションをLCP住宅(生活継続可能住宅)として登録する制度を創設する。  停電時でも水の供給やエレベーターの運転に必要な最小限の電源を自前で確保することが条件。新築、既存ともに登録可能で、分譲・賃貸を問わない。  登録情報は一般に公開。市区町村や不動産関連団体とも協力し、災害に強い住宅を普及させる。  登録基準は、建築基準法で定める現行 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2012年1月30日