行政

その他

「コンパクトシティ実現へ」、吉田治国交副大臣、住生活向上へウサギ小屋脱却も

 吉田治国土交通副大臣は23日副大臣就任後初めての会見で、これまで検討していた都市計画法の見直しの考え方を低炭素まちづくり法案に盛り込み、コンパクトシティ化を実現していくと述べた。  少子高齢化・人口減少といった変化を踏まえ、都市計画の定期的見直しや広域調整の実施、コンパクトシティなどの方向で検討を進めてきた。定期的見直しについては、都市計画運用指針などですでに実施しており、残る課題の一つであるコ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2012年1月30日