行政

その他

フラット35申請3割減少、10~12月金利優遇期限切れで

 住宅金融支援機構がまとめた2011年10~12月の「フラット35」買取申請戸数は、前年実績を35.3%下回る3万4783戸となった。フラット35Sの金利優遇幅の拡大措置が9月末で期限切れを迎えた(12月に内容を変更して再開)ことが影響した。  実際の買取実績は2万9226戸(前年比14.1%減)、7415億8237万円(同12.4%減)だった。  「フラット35保証型」の付保申請件数は96戸(同 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2012年1月23日