開発, 分譲, 不動産流通・売買・仲介, 賃貸管理

1面トップ, その他

単身女性の不動産需要拡大、実需から投資まで幅広く、“不安”と資金力を背景に

 日本人の消費動向は、高度経済成長期から成熟期へと時代とともに移り変わってきた。景気低迷や所得の伸び悩みを受けて現代の消費者は商品やサービスにさしてこだわりがなく、低価格がポイントになっているとの声も聞かれるが、経済産業省がリーマン・ショック後に実施した「日本の消費者の実像」(2010年4月発表)によれば「信頼」と「安心」が最優先事項で低価格を上回る。東日本大震災前から信頼と安心がお金を使うかどう ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2012年1月23日