分譲

その他

尼崎の833戸始動、近鉄不など2月に発売、環境と災害対応を充実

 兵庫県のJR尼崎駅北側の大規模開発エリアが始動する。近鉄不動産や野村不動産など大手デベロッパーなど5社が総戸数883戸に上るマンションを開発し、来年2月から順次分譲を始める。同プロジェクトは、キリンビール尼崎工場が操業を開始して以来、キリンとともに発展してきたエリア。開発面積は1万8600平方メートルにおよび環境対応や防災、子育て、交流をコンセプトにA、B、Cの3つの街区に分けて開発する。  地 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2011年12月19日