ハウス・住設

その他

”希望の松”後継樹育成へ、住友林業

 住友林業と住友林業緑化は、岩手県陸前高田市の「希望の松」の後継樹の育成に成功した。希望の松は、約7万本と言われた景勝地「高田松原」のなかで、震災による津波被害を受けながら唯一残った松として、被災者の希望の象徴と言われるようになった。  長時間海水に浸かっていたことから、松そのもの枯死は避けられない状況が判明したが、接ぎ木から3本のクローン苗を得ることに成功。さらに樹上に残っていた種子を採取し育成 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2011年12月19日