不動産流通・売買・仲介

特集

【不動産流通特集】減少続ける競売物件、円滑化法の影響じわり

 競売物件が減少を続けている。東京地裁など9地裁の2010年度下期開札件数は、12.8%減とさいたま地裁を除く全てで減らした。不動産市場が好調だった07年に活発化した競売申し立ての処理がひと段落したことに加え、金融機関に対して事業資金や住宅ローンのリファイナンスに柔軟な対応を促す中小企業円滑化法も影響していると見られる。 ●ピーク過ぎ、申し立て減、「任意売却」台頭も影響  競売物件のデータを半期 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2011年12月19日