行政

その他

住宅消費税「還付導入を」政府税調で松原副国交相

 税府税制調査会は、消費税率引き上げに向けた具体的な検討に入った。今夏に政府与党がまとめた社会保障と税改革成案では、年金、医療・介護、少子化対策といった社会保障財源として消費税を充当するとして、2010年代半ばまでに消費税率を10%に段階的に引き上げることを盛り込んでいる。  政府は、景気後退への懸念や、低所得者の負担が重くなる逆進性といった課題に対応した素案を年内にもまとめる方針だ。  12日の ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2011年12月19日