ハウス・住設

その他

住宅メーカー戸建て受注、市場の減速懸念強まる、11月の速報値全社が前年同月下回る

 住宅メーカー各社の11月の受注速報によると、開示している8社すべてが前年同月の実績を下回るか、もしくは横ばいとなった。減少幅は小さく、過去と比べた受注実績自体は高水準を維持しているが、商談の長期化や成約率の鈍化など市場の減速感を危惧する声が上がる。(数値は、単月の場合は前年同月比増減、年度累計の場合は前年同期比増減)  旭化成ホームズは単月の受注金額が1%減。戸建てはややマイナスとなったが、集合 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2011年12月19日