行政

その他

消費税率引上げ、年内に素案策定、住宅業界「市場悪化・景気後退を懸念」

 消費税の引き上げ議論が本格化してきた。政府は、12年度の税制改正大綱が8日決まったのを受け、社会保障と税の一体改革=消費税引き上げの具体的な検討に入った。制度設計はこれからだが、現行消費税と同様に一律に課税されると、高額取引となる住宅取得者の負担増は少なくない。業界からは「市場が疲へいし大きな悪影響を及ぼす」「住宅を非課税にするなど住宅税制の見直しが必要だ」といった声が挙がっている。 ■流通税 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2011年12月19日