行政

その他

国土交通省、空き家改修に補助制度、弱者向け賃貸を条件に

 国土交通省は、増加する空き家を活用した住宅セーフティーネットの構築に着手する。  民間住宅活用型住宅セーフティネット整備推進事業の名称で12年度に実施する。住宅確保要配慮者が入居する賃貸住宅とすることを前提に、民間の空き家の改修費用を補助する仕組みを創設する。  既存の空き家を対象に耐震改修や省エネルギー改修、バリアフリー改修のいずれかを含むリフォームを実施した場合に、工事費の3分の1を補助する ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2011年12月19日