分譲

その他

店舗を積極購入、台湾向けに売却、ラルゴ・コーポレーション、東アジア投資家に照準

 東アジア圏の個人や法人が日本の不動産に注目する。中国や香港などの不動産に過熱感があり、とくに台湾はキャピタルゲイン狙いの不動産短期売買を規制する税法が導入され、東京に注目。ラルゴ・コーポレーション(千代田区)は、こうした投資家向けに物件販売を手がける。  同社の山本治男社長は、東アジアの投資家向け事業が軌道に乗り始めたとして都内を中心に投資家向けの物件購入を加速する。今年から台湾や香港、シンガポ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2011年12月12日