行政, 住宅金融機構・都市機構

その他

団地再生で地域活性化、UR横浜・洋光台で着手、自治体、地域と連携、アドバイザーに隈研吾氏ら

 UR都市機構は団地再生を本格化する。これまで進めてきた昭和30年代に建設した団地の建て替えが一段落し、昭和40~50年台に大量供給した団地の再生に入る。横浜市の洋光台地区をモデルに、地域や民間と連携して団地周辺を含めた地域の活性化、魅力向上に取り組む。  旧日本住宅公団は、急激な都市部の人口増加に対応して大量に住宅を供給。UR賃貸住宅76万戸のうち、昭和40~50年代に供給した賃貸住宅が約48万 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2011年12月12日