その他

連載

【ひと】地域の歴史を次世代に伝えるために研究を進める東京大学准教授大月敏雄(おおつきとしお)さん、住民が誇り持って住める街を

 地域と住まいについて、建築計画の側面から研究する東京大学の准教授。かつての大規模開発によって生まれた街が次世代にうまく引き継がれ、成熟するような仕組みを考えている。  「米国の古い開発エリアでは、地域の歴史を時系列で紹介するような施設を設け、それを近隣の小学校の授業に活用するような地域も少なくない。自分が住む街の出自・由来を知っていることがその街に対する誇りや愛着につながっていく。そうした住宅街 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2011年12月12日