統計・データ

その他

DATAを読む、住宅メーカー経営者の景況感、注文住宅市場に減速感、「受注苦戦」の声も、三次補正の成立が好材料

 住宅生産団体連合会が四半期ごとに行っている経営者の景況感調査の10月度の調査結果によると、若干ながら注文住宅市場に減速感が現れ始めている。調査は、住団連の会員企業各社の経営者を対象に実施し、7~9月の受注実績と10~12月の見通しを前年と比較して指数化したもの。  戸建注文住宅の実績の景況判断指数は受注戸数プラス9(前四半期比13ポイント減)、金額プラス6(同19ポイント減)。ともに8期連続でプ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2011年12月5日