統計・データ

その他

【HOME’Sマーケットレポート】首都圏エリア動向、神奈川県県央エリア(綾瀬、伊勢原、海老名、厚木、相模原ほか)、=2011年9月=、賃料、一時金とも上昇、売買も築浅マンション堅調

 神奈川県の県央エリアは、9月に賃貸マンションが約9800件、賃貸アパートが約1万1000件掲載された。マンションは増加が3カ月続いており、この1年で最も多かった。  賃貸アパートの平均坪賃料は下落が7カ月続いている。とはいえ平均賃料の方は上昇しており、マンションはプラス1.1%、アパートは0.5%だった。上げ幅はわずかだが、どちらも県内最大の上昇率となった。  マンション・アパートともに平均敷金 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2011年12月5日