その他

連載

弁護士・金子博人の、重要判例ピックアップ、28、購入動機となった眺望権の侵害が認められた希な判決、近隣に建物を新築した売主の信義則違反を認定

【はじめに】  Xは、平成15年5月、新築分譲13階建てマンションの6階の一室を、Y社から3278万円で購入した。Xとしては、隅田川花火大会を居室から観賞できることが購入の重要な決定要因であった。しかし、1年も経たずにY社は、近接した場所に同程度のマンションの建設工事に着手し、17年2月以降には、花火大会の鑑賞が不可能となってしまった。  Xは会社を経営しており、取引先に花火大会を見物させる接待に ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2011年12月5日