開発

その他

「環状2号新橋・虎ノ門」森ビルが現場公開、東京都心で道路と超高層ビルを一体整備

 森ビルは、都心部の渋滞緩和や、将来的には都心と羽田空港とのアクセスも担う環状2号線新橋・虎ノ門間の道路整備に伴って、新たな国際交流拠点となる複合ビルを建設する「環状2号線プロジェクト」の工事現場を報道陣に公開した。  「環2」新橋・虎ノ門間は1946年に都市計画決定されながら、用地買収の難航で60年以上もたなざらしにされ、『幻のマッカーサー道路』とも呼ばれた道路。こうした状況を打開しようと、地上 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2011年12月5日