その他

連載

ニュースの背景(うら)を読む、戸建市場に参入相次ぐ、リスク分散狙うも環境に危うさ

 戸建分譲事業を拡大、あるいは新規参入を図るデベロッパーが増えている。大手では野村不動産や東京建物などが戸建事業を強化、大京が新規参入に踏み切ったほか、タカラレーベンやフージャースコーポレーション、グローバルグループといった中堅マンションデベロッパーや、流動化事業のトーセイなども戸建事業拡大を打ち出している。背景にあるのは根強い戸建志向に支えられた底堅い需要への期待と、とくに中堅デベロッパーにとっ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2011年12月5日