その他

余滴

【余滴】落語家の立川談志さんが75歳で亡くなった。

 もともとハスキーな声が、喉頭がんを患った晩年はさらにかれ痛々しかった。「落語は業の肯定である」の信条を地でいくように、その毒舌や行動は破天荒。落語・芸能界では先輩後輩にかかわらず気に入らない人物には平気で辛らつな批判を浴びせて相手を憤慨させた。一方、新潟で田んぼを借り、地元農家と一緒に毎年米づくりに励んだという素朴な一面も持つ◆代表作の一つは「芝浜」。腕は良いが酒におぼれて働かない魚屋が、夫を更 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2011年12月5日