賃貸管理

その他

シェアハウス、今年に入り撤退閉鎖相次ぐ、撤退者「価格訴求で失敗」

 ここ10年ほどで東京を中心に急速に増加したシェアハウス・ゲストハウスが曲がり角を迎えている。これまでは需要に対して供給が極端に少なかったため、物件をつくればたちまち満室になり高い利回りを得ることができたことから、個人を中心に参入が相次いだ。その結果、物件によっては空室が目立ち撤退するケースが増えている。日本シェアハウス・ゲストハウス連盟は11月30日にシェアハウス事業から撤退した事業者を講師に迎 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2011年12月5日