開発

連載

先端を読む(218)、住宅ジャーナリスト・櫻井 幸雄の現場レポート、48時間稼働の大型自家発電、「シティタワー赤羽テラス」住友不動産、震災教訓に防災対策を強化

 東日本大震災の経験と反省を踏まえ、新しい工夫を凝らしたマンションが出始めた。  3月11日から半年あまり。春に売り出す予定だった物件を練り直し、販売を開始するにはギリギリのタイミングとなるだろう。つまり、この秋に出てきた物件が、地震対策マンションの皮切りとなる。  その一つが、住友不動産の「シティタワー赤羽テラス」だ。  東日本大震災の直後、首都圏では停電による影響を受けたマンションが少なくなか ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2011年10月31日